脳活ワークショップ 第二弾終了!

『もう以前のあなたには戻れません・・・』

宮永さんによるビートルズ大学の講義を聞いてしまったあなた!

あなたは、もうこのお話を聞く以前の自分には戻れません。なぜなら、宮永さんが語るのは、ビートルズの音楽だけではないからです。宇宙観、インド哲学、社会学、そして、ビートルズに見る人間ドラマ、などなどをすべて包括し、膨大な厚みをもった宮永さんのお話。その魅惑の大スペクタクルに浸っているうちに、気づいてみたら2時間半という時が流れていました。

 

 

途中、ビートルズの悪辣マネージャーによる悪事で辛い思いをしたポール(・マッカートニー)の話になると、思わずのどが詰まり、涙を流して共感する宮永さん・・・。日本でも名物だったというこの宮永さんの涙が、彼のビートルズへの深~い愛情を表していると思いました。こんなにも深く愛する物、一生を通じて情熱を傾ける対象を見つけられた宮永さんを羨ましいと感じていたのは、きっと私だけではなかったはすです。こうして、笑いあり、涙あり(比喩ではなく!)、のビートルズ講演は、なごやかな雰囲気の中、参加者一同での集合写真撮影をもって終了となりました。

 

聞けば、2016年はビートルズ来日50周年という記念すべき年なんだとか。それにあわせて、ビートルズ来日一冊の本にまとめる作業を続けているという宮永さん。こつこつと研究を続けてきた「ビートルズ来日学」を後世に残すべく、そちらのプロジェクトも是非頑張ってほしいと思うと同時に、これからはオランダやひいてはヨーロッパ各地での講演活動も力を入れて行ってほしいな、とファンの一人として願わずにはいられませんでした。

 

そして、次回の脳活ワークショップは、三角千絵さんに、「異文化コミュニケーションのお話」を披露していただく予定です。

20年にわたって、在欧日系企業、オランダ国内外の大学にて、グローバル経営や異文化コミュニケーションの講義を行っている三角さん。彼女と一緒に、他文化に住むとはどういうことか、また、これからのグローバル社会で必要なコミュニケーションスキルとは何か、を考える会です。

「異文化コミュニケーションのお話」

開催日時:3月29日(火) 夜7時~9時

場所:Dignahoeve 174 (Amstelveen)

申込み方法:mako@wonder-kids.nlまでメールにてお申し込みください。

参加費:10ユーロ(当日、現金にてお支払いください。)