学習発表会

春は、別れと出会いの季節。ワンダーキッズのメンバーにも変化が訪れます。数名の生徒さんが、いよいよ入学準備を終えて、この春から日本語補習校へ移るのです。これまで、毎週集まって一緒に勉強してきたお友達との別れ。そして、新しい環境でのスタート。そんな変化を前にして、お友達と、そして家族も集まって、みんなで何か記念になることをしよう!そんな思いから、『学習発表会』を催すことにしました。

 

出来るだけ子供達主体で、子供達の手で作ってもらおうと思い、2か月ほど前から準備を始めることに。歌やダンス、早口言葉の練習に、リハーサル。

 

会場に展示して、お客様に見ていただく作品を作ったり。

 

誰に来てほしいかを考えながら、招待状を書いたり。

 

会場に飾るための看板だって自分たちで作ります。

 

そして、いよいよ迎えた3月22日。「学習発表会」の当日です!子供達は、思い思いのオシャレをして、パパやママ、おじいちゃんおばあちゃんや兄弟たちに囲まれて、全員元気な顔を見せてくれました。壁には、子供達が自分で描いた作品を飾りました。

 

さあ、いよいよ子供たちの入場です!ちょっと緊張するけど、一緒に楽しもうね!!

 

たくさんのお客様の中を、ちょっと恥ずかしそうに、でも誇らしげに歩く子供達。

 

みんなが整列したら、司会進行は低学年クラスの2人にバトンタッチ!

 

司会用のスクリプトを手に、時には「違うよ、こっちだよ!」なんて声をかけ合いながら司会をしてくれた2人。大勢のお客さんの前で、堂々と司会をする姿に、成長を感じました。

 

日本語を話さないお客様向けに、ワンダーキッズ達から日本語のプチレッスン♪もちろん、先生役をつとめるのはワンダーキッズの子供達。ちょっと恥ずかしかったけど、日本語のあいさつはもちろん、早口言葉も披露してくれました。

 

歌は、「おへそ」「はるのおがわ」「思い出のアルバム」の3曲を。頑張って練習した甲斐があって、みんな歌詞もよく覚えて、上手に歌ってくれました。ピアノ伴奏は、音楽の先生でもあるフキさんが担当してくださいました♪

 

正式な卒業証書は出せないけれど、みんなの頑張りを称えて、一人一人に修了証をお配りしました。一人一人の個性に合わせて、スタッフが一生懸命考えた賞状。それから、これまで勉強してきたプリントを一冊の冊子にまとめて、記念としてお渡ししました。

 

 

最後は、今日本で大流行中のアニメ「妖怪ウォッチ」から、「妖怪体操第一」をみんなで踊って、学習発表会の締めくくりとしました。

 

発表が無事終わったら、いつものようにみんなで楽しくアクティビティー!大好きなかるたや折り紙、今日は更に紙相撲も加わって、とても盛り上がりました♪

 

 

今回の学習発表会を通じて、子供同士の絆、そして、スタッフと子供達との絆もより深まったように思います。イエナプランから学んでいること、「協働」「想像力」「催し」の大切さを念頭に置きながら、子供の主体性を大切に、みんなで作り上げた発表会。みんな、楽しい会を実現させてくれてどうもありがとう。練習も大変だったと思うけれど、頑張ってくれてありがとう。これからも、どうぞよろしくね。(写真は、お別れする生徒さんにいただいたお花です。)